生涯スポーツ功労者の表彰を受けて
江戸川環七合気道クラブ代表 木下悦子

 去る5月10日東京都合気道連盟のご推薦にて、公益財団法人東京都体育協会より
生涯スポーツ功労者の表彰をいただきました。光栄きわまりないこの表彰をいただき、
身の引き締まる思いをしております。

 私の合気道は北マリアナ連邦のサイパン島で峰岸睦子先生との出会いから始まり
ました。自宅から職場、職場から道場、道場から自宅がそれぞれ車で5分という環境
であった為、一年350日の稽古に明け暮れました。道友にも恵まれ、また、日本から
近いこともあり、たくさんの方が日本から稽古に来島してくださいました。すでに故人
となられましたが、大谷一枝先生、市塚勇先生も稽古に来てくださいました。

 日本には1999年に帰国しましたが、浦島太郎の私に大谷先生、市塚先生からはい
ろいろお声掛けをいただき、合気道を続けるきっかけとなりました。また、本部道場合
気道学校に入学し、植芝守央道主先生、関昭二先生、大澤勇人先生、小林幸光先生
にご指導いただき、現在にいたっております。

 江戸川環七合気道クラブはサイパン時代の峰岸先生の熱ある指導に影響を受け、
指導を始めました。また木下道場は江戸川環七合気道クラブで育った高校生が部活
で稽古時間が合わない等の諸事情を解決する為に、自宅1階を道場に改装し設立し
ました。会員そしてご父兄の多大なご協力をいただき、小さいながら充実した稽古を続
けております。

 このスポーツ功労者の表彰をいただきましたのは、ひとえに、今日までご指導いただ
きました、植芝守央道主先生、本部道場の諸先生方、尾﨑晌先生、峰岸睦子先生、東
京都合気道連盟の役員の皆様、江戸川環七合気道クラブそして木下道場の皆様、今
日まで一緒に稽古をしてくださったすべての道友の支えによるものと心より感謝し、御
礼を申し上げます。と同時に、皆様からご教示頂きました数々のことを糧として日々精
進していく覚悟でございます。本当にありがとうございました。

cert1.jpg

kinosita1.jpg


平成27年度第1回合気道広域合同稽古報告
 平成27年4月16日(木)18時半より今年度最初の広域合同稽古が29名の参加者が集い、東京武道館で行われた。

 藤城都連理事長より開会の辞と今回の講師である森智洋本部道場指導部師範の紹介が行あり、同師範による準備体操が行われた。

 転換の基本から入り、相手に対して、上半身が真直ぐに左右どちらにも傾かない、相手に持たした手を中心に相手の腹も自分の腹も中心を定めること、腹の中心に意識を持つとの説明を交えて稽古が開始された。

 続いて片手取呼吸法については、固まらないで体全体を使って投げるというポイント数点示された。

・一直線上で前後に動く中でも一本足になる瞬間がある。それでもバランスをとりながら柔らかく動く。
・前後のラインを意識しながら体をバラバラに柔らかく動かし一直線上で腰回りを使って動く。
・足首膝を柔らかく使いながら、動き、その自分の動線も分かるようにする。
・手だけで相手を上げようとせずバラバラの状態を使って大きく投げに入る。
・手首を柔らかく肩も大きく回す。

など細かい注意が与えられた。

シンプルに身体を繋げていき、その中心の繋がりを感じながら技に入ることも教えられた。

加えて一人稽古で中心軸を作った。

両足の踵をつけて足先を90度に開き、そのまま蹲踞になり反動をつけずに、すっと立ち、すっと蹲踞に入る。
このワークでは、膝・つま先、夫々動く方向はバラバラであるが中心をとって真直ぐ立ち、真直ぐ座ることを意識して行う。
この状態から片足をずらすことで真正面を向いていた体が、斜になり、半身の形へと変化していく。
身体をバラバラにして中心軸を作っていくことがこのワークの目的である。

 その後、正面打第一教、正面打入身投げ、正面打第二教、正面打外回転投げと続き、最後に座技呼吸法で稽古終了となった。