第三十四回東京都合気道連盟連盟評議員会報告
 平成30年4月7日(土)15時より千代田区一ツ橋日本教育会館に於いて、東京都合気道連盟第34回評議員会が開催された。
 168団体中57名の評議員、委任状89名の計146名の出席をもって行われた。まず司会者である大田勤副理事長の開会の辞から始まり、続いて藤城清次郎理事長が議長となり議事に入った。
P1000134.jpg

 初めに「平成29年度事業報告」が小林正明副理事長から報告された。続いて森智洋副理事長から「平成29年収支決算」が報告され、堀越祐嗣監事による「監査報告」後、承認された。
 その後、小林副理事長から「平成30年度事業計画案」、森副理事長から「平成30年収支予算案」が説明され、これらも承認された。
 最後にその他に関する事項について、藤城議長から公式声明として

一、都連に加盟する団体は、地域連盟に関わりなく、各団体・道場ごとの加盟とする。

二、将来的には地域連盟が都連に加盟する在り方を目指し、地域連盟設立の準備を進める。その在り方、規約については、全日本連盟・都連・(公財)合気会との間に差違が生じないようにする。

三、全日本合気道演武大会等の若手指導者演武候補者の公募方法。

四、東京都合気道演武大会参加の呼びかけ

五、加盟団体への連絡手段をメール等の電子媒体に転換することについてのお願い。

公式声明はこちら
P1000135.jpg

 16時より評議員会会場に隣接する光琳の間に於いて、情報交換会が行われ、盛会裏に終わった。 

関連記事