平成30年度東京都合気道錬成大会報告
平成30年度東京都合気道錬成大会報告

 平成30年度東京都合気道錬成大会は、6月16日(土)藤巻宏本部道場指導部師範をお迎えして、綾瀬の東京武道館で行われ、150名の参加があった。13時30分小林副理事長の開会の辞に始まり、藤城理事長より「本日は多数参加を頂き、有り難うございます。この錬成大会は、都連三大行事の一つであり、前々から準備してきました。どうか最後まで怪我のない様にお願いします。」と挨拶。
続いて藤巻師範から「錬成大会の講師は初めてですが、こうした錬成大会は、相互の交流の意味合いがあると思います。これから一時間半、最後までよろしくお願いします。」と挨拶。その後、藤巻師範を中心に記念撮影となった。

記念撮影写真
錬成大会集合写真


 講習は、13時40分から準備体操、転換、四方斬り背伸運動に始まり、相半身、逆半身、半身半立ちの四方投げの間合い、足の運び方を丁寧に説明された。
その後は、正面打ち、横面打ち、後手首取りの一教から三教、両手取り天地投げ等も色々な捌き方を説明され、熱気でムンムンする中、15時15分に終了した。

錬成稽古
錬成大会_藤巻師範

錬成大会_藤巻師範2


 16時45分から日本教育会館で情報交換会が行われ、藤城理事長の主催者挨拶に始まり、全日本合気道連盟尾崎理事長、藤巻師範の挨拶、参加者の紹介など和気藹々のうちに終了した。
以上

Facebook イベントページ

第56回全日本合気道演武大会 藤巻宏 本部道場指導部師範 演武

関連記事