生涯スポーツ優良団体表彰を受けて 葛飾合気会副会長 宮田哲哉
 この度は、東京都合気道連盟の推挙を受け、東京都体育協会より生涯スポーツ優良団体として表彰されました。大変名誉な事と、今回推挙いただきました東京都合気道連盟ほか関係団体に心より感謝申し上げます。

 当会は昭和四十二年十二月に葛飾区で指導されていた清野裕三師範(初代会長)により設立されました。葛飾公会堂を稽古場所にして一般部を中心に稽古を続けていましたが、清野先生が指導から離れた後は、合気会本部道場の宮本鶴蔵師範のご指導を受けておりました。

 故林和夫二代会長、そして田中満夫現会長らに支えられながら稽古を続けていました。 
                
 その後、昭和五十九年に新築された葛飾区総合スポーツセンターに稽古場所を移し、その年より菅原繁師範の指導を受けて
現在に至っております。
 
 設立当時は会員数も少なく、会員に月謝の前借りなどをしながら会を運営した事もあるとの苦労話を諸先輩から聞いた事もあ
りましたが、現在では一般部の会員約五十名、少年部会員が約三十名ほどになり、週二回の稽古も活気ある充実した会に育ってまいりました。

 葛飾区合気道連盟の所属団体である合気道土井道場、新小岩合気会と協力をしながら葛飾区体育協会の行事にも積極的に参加、協力させていただいております。

 年間に行われる事業には多くの保護者のご協力、ご理解を頂き、また運営に携わる現スタッフや会員には心より感謝いたしま
す。

 当会設立五十年間の活動の結果にこのような名誉ある表彰を受け、気持ちを新たに、これからの十年、二十年をますます充実した会に育てていきたいと思っております。これからもご指導ご鞭撻のほど何卒宜しくお願いいたします。
DSC_0515.jpg
関連記事