第2回初心者指導法講習会報告
 第2回東京都合気道連盟初心者指導法講習会は7月29日(日)、講師に(公財)合気会合気道本部道場指導部指導員 小山雄二先生をお迎えし、一般財団法人 港区体育協会、港区合気道連盟協力の下、港区スポーツセンターにて開催された。

集合写真IMG_1282

 全員で集合写真撮影の後、開会式が行われ、東京都合気道連盟 大田勤 副理事長司会の元、小林正明 副理事長より、「第二回となる初心者指導法講習会です。参加者は今日の内容を各道場に持ち帰って下さい。」と主催者挨拶が有り、会場設営等協力を頂いた港区合気道連盟 神田昌邦 会長、数家誠司 理事長の紹介を行った。

開会式IMG_1294

 講習は13:35から開始。小山先生の御指導の下、「稽古開始30分程前に500mℓの水分補給をすると熱中症予防になる。」という具体的な話からスタート。

小山先生IMG_1358

 怪我や緊急時の対応に「指導者は責任を持つ。各道場であらかじめ打合せをして意識しておくこと。」という心構えの説明から実技に移り、里館潤指導員を受けに転換から後ろ受け身、隅落とし、一教、四方投、内回転投げ等を例に、「初心者が技を受ける時に、技の動きにバランスを取りながらナチュラルについてくるように指導して下さい。」と受け側の要点が数多く語られた。

四方投IMG_1402

 特に前受け身は、「内回転投げで投げの寸前まで技を行い、実際に投げないで一旦ストップ。その後は受けが自分で安全に転がってもらうという方法が披露された。

受けが大切IMG_1386

 「初心者に合気道は面白いな。続けてみたいなと思ってもらえるような指導をお願いします。」と締めくくられ講習は15:20に終了した。

全体風景IMG_1335

その後16:00から18:00まで情報交換会が去年と同じ「包丁や」田町駅前店で開催され、森智洋 本部道場指導部師範も参加。講習会参加者とともに小山先生を囲んで楽しい一時を過ごした。(記:梶浦 真)

里館先生IMG_1439
 
関連記事