第35回東京都合気道連盟評議員会の報告
 平成30年度東京都合気道連盟評議員会は平成31年4月6日(土)千代田区一ツ橋・日本教育会館に於いて、午後3時から加盟団体評議員65名、委任状80名をもって開催された。会議は大田勤副理事長の開会の辞に始まり、藤城清次郎理事長が議長となり議事に入った。
大田副理事長開会の辞

藤城清次郎理事長が議長となり議事に入る。

 始めに「平成30年度事業報告案」が小林正明副理事長から報告された。続いて鈴木俊雄理事から「平成30年度収支決算案」、堀越祐嗣監事から「監査報告」が報告され、出席の評議員に承認された。
今回は、3年の任期満了に伴う役員改選の年でもあり、別室での協議の結果、新役員が決定した。新役員の紹介後、新たに選任された藤城清次郎理事長が議長となり、「平成31年度事業計画案」が、小林副理事長から「平成31年度収支予算案」が鈴木俊雄副理事長よりそれぞれ説明され、こちらも承認された。
 その他に関する事項として、大田副理事長から規約第2章構成第3条の「都連への加盟方法について」の改正の説明があった。そして最後に森智洋前副理事長(現相談役)より加盟団体へのPCメールによる連絡、各種申込、資料等の利用観覧方法等の更なる充実の説明があり、午後4時半に終了した。

新役員の紹介(撮影:梶浦理事)

森智洋前副理事(現相談役)より更なるPC活用の説明

 評議員会終了後、会場を移して情報交換会が開催された。中山茂相談役の乾杯の後、新役員の紹介があり、和やかな雰囲気雰囲気の内に終了した。本評議員会での新役員として副理事長に神谷正一氏、鈴木俊雄氏、理事に井阪有一氏、大橋健司氏、数家誠司氏、小柳俊一郎氏、監事に高城寛子氏が選任された。なお、森智洋前副理事長は、相談役として連盟を補佐することになった。(東京都合気道連盟事務局)
関連記事