第53回全日本合気道演武大会報告
 5月23日正午より日本武道館に於いて第53回全日本合気道演武大会が開催され
た。演武者約7800名、観客は1万人を超えた。

 東京都合気道連盟に加盟する各団体も各々出場し、日頃の鍛錬の成果を披露し
た。また、今大会の指導者演武では土井道場の宮尾聡一氏(四段・49歳)が東京都
合気道連盟の推薦を受けて演武をした。米重貴明氏(弐段)と宮尾祥平氏(初段)が
受けを取り、熱気ある演武が披露された。
 演武に先立ち宮尾氏は「このような伝統ある大会、しかも日本武道館で演武させて
いただけますこと身に余る光栄です。ご推薦いただき誠にありがとうございます。精一
杯演武させていただきます」と緊張した面持ちで語っていた。

さらに演武後に「昨年の東京都合気道連盟演武大会に続き、このような伝統ある大会
で演武させていただきましたこと誠にありがとうございます。十数年前の初出場の道場
演武の際は、日本武道館で迷子になり危うく遅参寸前という失態をしでかした私がこ
のような大役が務まるのか迷いはありましたが、入門時にお世話になった故土井輝
充先生なら「頑張りなさい」と言ってくださると思いお受けした次第です。演武にあたり
本部道場 鈴木俊雄先生、土井道場 漆原保先生にご指導いただきながら稽古に励み
ました。当日の日本武道館の熱気と緊張感は今思い出しただけでも高揚します。自分
の未熟さと平常心を保つ難しさを痛感いたしました。今日までご高名な先生方や素晴
らしい先輩方との出会いがありました。また、たくさんの稽古仲間や時には後輩から
も良い刺激を受け、修練し合える仲間に恵まれました。今後も今まで以上に稽古に
励みたいと思う所存です。 最後になりましたが、このような機会を与えてくださいま
した東京都合気道連盟の皆様、土井道場の道友達に感謝申し上げます。ありがとう
ございました。」

連盟推薦演武者
左脇 受け 米重貴明 中央 演武者 宮尾聡一 右脇 受け 宮尾 祥平
関連記事