第三十三回東京都合気道連盟評議員会報告
 平成二十九年四月十五日(土)千代田区一ツ橋・日本教育会館に於いて、東京都合気道連盟第三十三回評議員会が開催された。
P1080930.jpg

 午後三時から九階飛鳥の間に於いて、加盟団体評議員四十八名、委任状九十一名の計百三十九名、オブザーバー四十四名をもって行われた。

 まず司会者である大田副理事長の開会の辞に始まり、資料の確認後、議長である藤城理事長の「昨年国際大会での皆様のご協力に感謝するとともに今日の評議委員会の進行がスムーズに終わるようご協力をお願いします。」と挨拶。そして定足数の確認を大田副理事長に依頼し、定足数を確認後、今日の議題を説明して議事に入った。
P1080931.jpg

 初めに「平成二十八年度事業報告」が小林副理事長から報告された。続いて森副理事長から「平成二十八年収支決算」、福島監事から「監査報告」が報告され、 出席者全員に承認された。次に「平成二十九年度事業計画案」、「平成二十九年度収支予算案」が小林、森副理事長よりそれぞれ説明され、三件の質問等があり、またその他の議案で森副理事長より行事開催施設の件について説明、その後審議され、午後三時五十分評議員会は全ての議題に対して承認され終了した。
P1080932.jpg

 続いて午後四時より評議委員会会場に隣接する光琳の間に於いて、情報交換会が開催された。小林副理事長から開会の辞が述べられた後、藤城理事長から先ほどの評議委員会が滞りなく終了したこと、加盟団体が百六十五団体に増えたこと、今年の錬成大会・演武大会に多くの参加協力をお願いしますとの挨拶があった。続いて尾崎全日本合気道連盟理事長より来賓挨拶、中山相談役よりが行われた。会は和やかな雰囲気の中、進行し、午後六時に終了した。
関連記事